池江璃花子の病院名はどこ?場所や名前と入院期間や治療方法も!

今回紹介する記事の内容は、先日水泳の日本代表選手である池江璃花子選手が自信のツイッターにて白血病であることを告白した。

 

2020年には、東京オリンピックも開催される中での難病の告白は日本だけではなく世界中にショッキングなニュースとして発表された。

現在は、白血病の治療に専念しているが入院している病院名などは発表されていない。

なので、どこの病院に入院しているのか予想してみようと思う。

 

スポンサードリンク




池江璃花子が入院している病院名はどこ?

どこに入院しているかは正式には発表されていない状況であるが、予想してみる。

 

東京大学医学附属病院

東京大学に付属している病院であり、創立されたのは何と1858年と歴史のある病院になる。

診療科目は、

内科・循環器科・呼吸器科・神経科
精神科・小児科・外科・心臓血管外科
脳神経外科・整形外科・形成外科
小児外科・眼科・耳鼻咽喉科・皮膚科
泌尿器科・産婦人科・放射線科
麻酔科・リハビリテーション科・歯科
矯正歯科

となりほぼ全部の病気の治療を行うことが出来る病院の一つである。

病床数も1210床ととてつもなく大きな病院となる。

病院の中でもトップクラスの先進医療設備を誇っており、スーパードクターも在籍している病院になる。

 

恐らくこの病院に入院しているのではないかと思われるが、有名人なので個室で治療に専念していると思う。

また、白血病になるので無菌室で治療をしていると思うので一般治療とは違う個所にいる可能性が高い。

日と昔前までは、白血病と宣告されれば95%は治らない病気であったが、現代の医療ではほぼ完治出来る病気となっているので完治して元気な姿を見せて欲しい思う。

 

国立がん研究センター中央病院

こちらの病院も先進の医療を受けられる病院であり、診療科目は以下になる。

内科、消化器科、循環器科、呼吸器科、精神科、小児科、外科、呼吸器外科、脳神経外科、整形外科、形成外科、眼科、耳鼻いんこう科、気管食道科、皮膚科、泌尿器科、婦人科、放射線科、麻酔科、歯科、歯科口腔外科

病床数は600床に上り、メインとしてはがん治療の病院になる。

恐らくこの病院には入院していないと思うが、先進治療を受けられる病院であるので入院している可能性は0ではないと思う。

 

順天堂大学医学部付属順天堂医院

順天堂大学の付属になる病院であり、東京都内でも屈指のマンモス病院になる。

診療科目は、

総合診療科、循環器内科、消化器内科、呼吸器内科、腎・高血圧内科、膠原病・リウマチ内科、血液内科、糖尿病・内分泌内科、脳神経内科、メンタルクリニック、小児科・思春期科、食道・胃外科、大腸・肛門外科、肝・胆・膵外科、乳腺科、心臓血管外科、呼吸器外科、小児外科・小児泌尿生殖器外科、脳神経外科、整形外科・スポーツ診療科、形成外科、皮膚科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉・頭頸科、放射線科、産科・婦人科、救急科、麻酔科・ペインクリニック、臨床検査医学科、歯科・口腔外科、病理診断科、リハビリテーション科

となっておりほぼ全部の治療を受けることが出来る病院である。

病床数は、1020床に上る。

病院のアクセスも大変よく御茶ノ水駅から徒歩5分である。

平成初期に起きた、地下鉄サリン事件でも多くの患者を治療した病院としても知られている。

 

予想ではあるが、上に紹介した3つの病院のどこかに入院しているのではないかと思う。

 

池江璃花子選手自身のツイッターでも、病気を克服して戻ってくるとコメントしており一日でも早い元気な姿を見せて欲しいと思う。

 

スポンサードリンク




入院期間や治療方法も!

入院期間についてもまだ公表はされていないが、短くても半年から1年程度は入院が必要だと思う。

池江璃花子選手の詳細な発表はされていないが、急性骨髄性白血病である可能性が高いと思う。

この急性骨髄性白血病の完治の可能性は95%と非常に高いので、不幸中の幸いでは無いかと思う。

 

治療方法は?

治療方法は、骨髄中に増えた白血病細胞を死滅させ、正常な血液細胞を増やす方法になる。

始めは7~10日間抗がん剤を投与されていき、自然に白血球が増えてくることを待つことになる。

その際に、赤血球や血小板が極端に減少した時に輸血が必要となるんだ。

上の治療を行い、血球細胞が回復したことを確認してから更に強い抗がん剤を投与して完治となるみたいだ。

 

大掛かりな治療にはなるとは思うが、池江璃花子選手が18歳と若い選手であるので完治は早くなるのではないかと思う。

 

多くの人が突然の告白にとてもびっくりしたと思うが、本当に治療に専念するしかないと思う。

その際は、全く運動も出来なくなってしまうが病気を完治させることがとても大事である。

 

スポンサードリンク




 

【まとめ】

  • 池江璃花子選手が入院している病院名は恐らく東京大学医学附属病院・国立がん研究センター中央病院・順天堂大学医学部付属順天堂医院では無いかと思う。
  • 入院期間は少なくても半年から1年程度。
  • 治療方法は抗がん剤を投与しての治療となる。

 

スポンサードリンク




【関連記事】

池江璃花子の治療期間や復帰時期は?日大合格したが今後についても!

池江璃花子が白血病で入院している病院は?症状や東京オリンピックも!

注目記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です